Access VBAでフォーム上のオブジェクト(テキストボックスなど)を参照することが多々あります。その参照方法のいくつかの例をあげます。

フォーム上に5つのテキストボックスがあるとします。それぞれのテキストボックスの名前はtextbox1、textbox2・・・といった形式とします。そのテキストボックスの中身を参照するには以下の様になります。

Dim strMsg1 As String
Dim strMsg2 As String
Dim strMsg3 As String
Dim strMsg4 As String
Dim strMsg5 As String
Dim strMsg6 As String
Dim strMsg7 As String

strMsg1 = Me.textbox1
strMsg2 = Me.textbox2.Value
strMsg3 = Form_form1.textbox3
strMsg4 = Forms!form1!textbox4
strMsg5 = Forms.Item("form1").Controls.Item("textbox5").Value

MsgBox "Textbox1:" & strMsg1 & vbCrLf & _
"Textbox2:" & strMsg2 & vbCrLf & _
"Textbox3:" & strMsg3 & vbCrLf & _
"Textbox4:" & strMsg4 & vbCrLf & _
"Textbox5:" & strMsg5

どの方法でも同じようにテキストボックスの中身を取得することができます。