スマートフォンで日本語を入力する場合、日本語入力用のアプリケーションが必要になります。現在、Android用の日本語入力用アプリはいくつかあるのですが、Androidの開発元であるGoogleから「Godanキーボード」というものが公開されたので下記に紹介します。

 今回、Gooleが公開したAndroid用キーボードソフトは「Godanキーボード」というものです。そのスクリーンショットは以下の通り。

Godanキーボード

Godanキーボード

 一見すると多くの人が使用しているフリック入力のキーボードに似ているのですが、左側の一列には「A」「I」「U」「E」「O」と日本語の母音が並んでいます。そして右2列は「か」~「わ」までの子音の「K」~「W」が並んでいます。入力方法はローマ字入力と同じで「K」~「W」で子音を選んで「A」~「O」の母音を選べば日本語が入力されます。子音の中にはない「ば」や「ど」などは各子音の横や上に並んでいる文字を参考に、その文字を押しながら右や左、上や下へスライドするとそれぞれの文字が打てる仕組みです。

 利用するにはGoole Playから「Google日本語入力Beta」をインストールすれば使うことができます。利用料は無料です。

 ちなみに「Godanキーボード」以外に今まであったフリック入力用のキーボードや普通のキーボードも存在します。

フリック入力用のキーボード

フリック入力用のキーボード

通常のキーボード

通常のキーボード

 実際に使ってみましたが、フリック入力が苦手の私にとってはこのGodanキーボードは使いやすかったです。けど、やっぱり一番慣れている普通のキーボードを使ったローマ字入力が私にとっては一番ですね。普通のキーボードで唯一の欠点はボタンが小さいことかな?誰ですか?「ボタンが小さいのではなく、指が大きいから」という人は?(`_´)

 ちなみに私はGoogle日本語入力Bataを使わずにATOKの日本語入力アプリを使っています。

Google 日本語入力 – Google Play の Android アプリ