130522-centos-boot-logoff
 CentOSのVer.6からだっただろうか?それまでは起動時にどのプログラム(サービス)が起動しているのかを詳細に表示する画面が出ていたのですが、6からは上記のような青と白のバーが表示されるだけになってしまいました。

 見た目はすっきりしているのですが、何がどのように起動しているのかが全然わかりません。何よりも味気ない!

 下記にCentOS Ver.6でも過去バージョンと同じようにプログラムの起動状況がわかる方法がわかったので下記に明記しておきます。

1回だけの表示

 方法は2つあります。一つは一度だけ表示させる方で、青と白のバーが表示されているときに「→」キーを押せば表示されます。

 但し、次回起動時には元に戻ってしまうので、恒久的に行うのであれば下記方法を。

恒久的な方法

 恒久的な方法は比較的簡単で、GRUBの設定ファイル「/etc/grub.conf」の中にあるkernel行の「rhgb quiet」を削除するだけです。

 それぞれの詳細は私の詳しくないのですが、GRUBは起動時用のソフト(ブートローダ)のようで、grub.confはその設定ファイル。

 削除した「rhgb」はあの青と白のバーを表示させるオプションで、「quiet」はサービスの情報を隠すオプションだそうです。

 もし、私と同じように起動時に味気ないと感じた方はお試しあれ。

DVD付 CentOS徹底入門 第3版

価格¥4,708

順位791,436位

中島 能和, 飛田 伸一郎

発行翔泳社

発売日2012/03/09

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API