yumというのはパッケージのインストールやアップデートを簡単に管理できるもので、覚えておくといろいろと便利なものです。

CentOSのインストールが完了したらできるだけ早くにシステムのアップデートをしておきましょう。

yumを使用するにはまずはじめにGPG公開鍵をインストールする必要があります。CentOSのバージョンが4の場合はコマンドラインで

# rpm --import http://mirror.centos.org/centos/RPM-GPG-KEY-centos4

を実行します。

次にyumでシステムのアップデートを行います。コマンドラインで

# yum -y update

を実行します。「-y」をつけないとアップデートのたびに
「アップデートしますか?」
のメッセージが表示されます。多くのアップデートを行う場合は「-y」をつけた方がいいかと思います。
アップデートには環境にもよりますがかなりの時間がかかります。

アップデートが完了すると

Complete!

のメッセージが表示されます。

アップデートは上記のように手動で行うこともできるのですが、自動でアップデートすることもできます。

# chkconfig yum on
# service yum start

上記を実行すると定期的にアップデートの確認、実行を行います。