IE

現在、Windowsのパソコンを使用している方の多くは、Internet Explorer(IE)のバージョン6か7を使用しているかと思います。

このIEを提供しているMicrosoft社では次期バージョンのIE8が既にリリースされていて、IEのサイトから自らダウンロード&インストールを行えばIE8に変えることができます。

けど、IE8はまだ自動更新(自動配布)はされてなく、その時期については昨日、または一昨日の時点で各Webメディアでは「日本での実施は未定」とされていましたが、今日、私のPCを起動してみたところ何やらバルーンメッセージが表示されました。そのバルーンメッセージを開いてみると・・・

「えっ!今日なの?IE8の自動配布って?!」

Windowsのパソコンを起動すると自動更新のお知らせがあると右下のタスクバーのインジケータにバルーンメッセージが表示されます。通常、自動更新は毎月の第2火曜日に行われると現段階では決まっているのですが、今日(4月29日)はもちろん第2火曜日ではありません。それなのにバルーンメッセージが表示されています。

「何か重要な更新でもあるのかな?」

と思ってその内容を見てみると、上からOffice系の更新通知です。が!一番下にはIE8の更新項目も含まれているではありませんか!

IE8を含む自動更新のメッセージ

IE8を含む自動更新のメッセージ

IE8の更新日は昨日の時点で未定とされていたのに、その「未定日」というのが今日だったとは思いませんでした!

もしかしたら、IE7の時にあったようにMicrosoft社側のミスで今日自動更新されてしまったのでしょうか?それも一部のユーザだけとか。Microsoft社のサイトをチェックしてみたところ

次回のリリース予定日: 2009 年 5 月 13 日

としっかり書かれています。

Microsoft セキュリティ情報検索サイト

Microsoft セキュリティ情報検索サイト

まあ、「未定」と書かれていたので、それが今日であっても別におかしなことはないと思うのですが、念のため、この自動更新は保留にしておいて今後の情報に注目してみたいと思います。

皆さんのPCにはIE8の更新メッセージは届きましたか?もしかしたら、気が付けばIE8になっている人もいるかもしれませんね。

【関連情報】
IE8の自動配布、日本での実施は未定のままに
マイクロソフト、日本におけるIE8の自動更新機能配布についての告知 | パソコン | マイコミジャーナル
IE8の自動更新による配布、日本は独自スケジュールで
マイクロソフト、IE8の自動更新による配布を開始へ:ニュース – CNET Japan

(追記)
今回の自動更新で配布された「Office系」とはこちらの更新のようです。
「2007 Microsoft(R) Office system Service Pack 2」日本語版を、4月29日(水)より提供開始

極める! Internet Explorer 7ウルトラテクニック
草野 直樹
技術評論社
売り上げランキング: 344640