新しいブルースクリーン

 最近のWindowsは性能が良くなったせいか、あまり「死の画面」などと称される「ブルースクリーン」を見る機会が少なくなりました。もちろん、これは良いことで、あの画面を見ると本当に心臓が止まる思いをします。

 そんなブルースクリーンにQRコードを表示するようになるという情報が入ってきたので下記に紹介します。

 ブルースクリーンにQRコードを表示するようになるのは2016年夏にリリース予定のメジャーアップデート「Windows10 Anniversary Update」で、今まではブルースクリーン上には壊れた理由などをエラーコードで表示していたのですが、それでは分かりにくいなどの理由からQRコードに対処方法のリンク先などを掲載するようになるそうです。

 ただ、実際には基本的な対象方補のページに飛ぶだけで、根本的な対策方法がわかるわけではなさそうです。

 QRコードを表示させるようにすれば、手元にあるスマホなどでその内容をすぐに確認することができるので良い方法ですが、根本的な対象方法にはならないとなるとちょっとガッカリですね。せっかく良い方法だと思うので、もう少し良い使い方をしてほしいものです。

「Windows 10」のブルースクリーンにQRコードが登場へ – ZDNet Japan
Windowsの新たなブルースクリーンはQRコードと顔文字つき : ギズモード・ジャパン

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。