Wait!

 7月29日からWindows 10の無償アップグレードが話題になっていますが、ドライバーなどが未対応などということでWindows 10へのアップグレードをやめたい人もいることでしょう。

 先日からそのWindows 10へのアップグレードが自動で行われないようにするためにグループポリシーなどを使って設定を手動で変更する方法がネット上で掲載されていますが、その設定にはちょっと待った方がよさそうです。その詳細は下記を。

 もともとWindows 10への自動アップグレードを止める方法としてグループポリシーやレジストリの変更を紹介したのは公式サイトの「Ask CORE」でした。

[企業ユーザー向け] Windows Update からの Windows 10 への無償アップグレードを管理する方法 – Ask CORE – Site Home – TechNet Blogs

 しかし、この記事の中で追記として

Windows 10 の無償アップグレードは、自動的にアップグレードが行われることはございません。
アップグレード対象と指定されたデバイスをご利用のユーザー様が、Get Windows 10 アプリなどから予約いただくことで、今後アップグレードいただくことが可能となっています。

と明記されていますので、勝手にアップグレードされることはなさそうです。

 ここで書かれている「Get Windows 10」というのは、先日からタスクバーに表示されているWindows 10へ促すアイコンがでていると思うのですが、それが「Get Windows 10」だそうです。

Windows 10 にアップグレードする方法 – マイクロソフト

 上記のアプリを設定していない限りでは勝手にアップグレードされることはないようなので、グループポリシーやレジストリなどの設定は不要のようです。それでも設定を行いたい場合はGigazineで詳しく紹介されているので参照ください。

Windows7・8.1でWindows 10への自動アップグレードを止める方法 – GIGAZINE

いますぐわかるWindows 10 (インプレスムック)

出版社:インプレス( 2015-07-25 )

定価:¥ 626

Amazon価格:¥ 626

ムック ( 112 ページ )

ISBN-10 : 484433879X

ISBN-13 : 9784844338796