次期WindowsであるWindows 7には一つ前のWindows XPが動作することができるWindows XP互換モードという機能が追加されることをお知らせしました。これはWindows 7に仮想ソフトであるVirtual PCを利用してWindows XPを動かすものと言うことなのですが、実際にどのようなものなのかはよく分かっていませんでした。

また、Windows 7は現行バージョンのVistaよりもスピーディーだと言うこと聞くのですが、実際にはどのような違いがあるのかはハッキリわかりません。

下記にそのWindows 7と現行のVista、XPとの比較表がありましたので紹介すると共に、Windows 7のWindows XP 互換モードというものはどのようなものなのかについての情報も紹介したいと思います。

Windows 7とVista、XPの比較

Windows 7とVista、XPの比較表が書かれている記事はこちら。

「Windows 7」「Vista」「XP」の比較一覧–各バージョンの主要機能:スペシャルレポート – CNET Japan

この記事の表を見てみるとTopに「最小ハードウェア要件」というものが書かれている。これを見るとWindows 7はVistaが要求する最小構成とHD以外は大して変わらないことがわかるし、XPがなんて小さな構成で動作することがわかるでしょう。

記事の最後を見てみると最小構成がVistaと変わらないのに

実際、Windows 7はVistaよりも処理能力が低いマシンで稼働することができる。

と書かれています。最小構成ではわからない何かでOSの機動性を確保していると言うことなのでしょうか?どちらにしてもごく普通の環境で快適に動作するOSであることを期待したいです。

Windows XP 互換モードのレポート

Windows 7に搭載されるWindows XP 互換モードとは実際にどのようなものなのかについてはこちらのレビューが参考になると思います。

ASCII.jp:7の上でXPが動く? 噂の「Windows XPモード」とは|XPと本気でさよならするための Windows 7特集

この記事を見ると互換モードを使用するためには

  • CPUは仮想化機能をサポートしている「Intel VT」か「AMD-V」の機能を搭載していること
  • 尚かつCPUはそれなりのパフォーマンス(スピード)が必要
  • メモリーは2GB以上
  • HDDは30GB以上

とのことなので、かなりのスペックがないと互換モードは動作することができないようです。それも最近のHDDが安くて大容量になったとはいえHDDが30GB以上とはかなりの大きさでになります。なぜ、ここまで大きなサイズが必要なのか疑問に思ったのですが、その後を読んで納得できました。この互換モードにはXPそのものが含まれているためにこれだけの要領になるようです。

また、互換モードではUSB以外の多くの周辺機器が動かないようです。通常の一般ユーザであれば最低限必要な周辺機器としてはプリンターがあると思うのですが、これも動作しないと言うことなのでしょうか?ただ、Virtual PCと同じ機能を利用しているのであればおそらくプリンターは使用できるかと思います。なぜなら、私がVirtual PC上でプリンターを使用しているからです。

これら情報を見てみるとWindows 7のXP 互換モードは単なるVirtual PC上でXPを動作させるだけのものでフリーのVirtual PCを入れてその中でXPを動かすのと何ら変わらないような気がします。せいぜい、XPが付属しているのでライセンス的にはお得という以外は魅力的なものは何にもないように感じました。もちろん、実際に触っていないので「違う!」という箇所もあるかもしれませんが、この記事を素直に読む限りでは、単なる暫定処置にしか感じませんでした。

Windows 7のリリース時期は今年の年末とのことなのでこれ以上の改善を図られることはないと思います。リリース前にあまり期待ができないOSが出るのもどうかな~と感じる今日この頃です。

Virtual PC 2004活用ガイド―for Windows
藤本 壱
技術評論社
売り上げランキング: 157984