140816-Windows-Update

 お盆期間中の8月13日に毎月恒例のWinodwsアップデートがリリースされたのですが、このリリースによりお盆明け、大騒ぎにならないように情報提供をしておきます。

 その情報というのはそのアップデートによりWindowsが起動できなくなる不具合が一部発生しているようです。その詳細は下記を。

 8月13日にリリースされた中には下記のプログラムが含まれています。

 この3つのうちの1つなのか、全てなのかははっきりしませんが、アップデートを行うことによってシステムが不安定になったり、ブルースクリーンが表示されWindowsが起動できなくなる不具合が発生しているようです。

 対策としては

  1. Microsoft社による対策プログラムを待つ(但し、対策プログラムが提供されるかどうかは定かではありません)
  2. これらのソフトをアップデートしない(一応、必要とされるアップデートなので、アップデートを行わない場合は各自、自己責任で)
  3. アップデートを行って不具合が出たときの対策として復元ポイントの作成やシステムのバックアップを行う

のいずれかとなるでしょう。

 このアップデートで全てのパソコンで不具合が発生するのかはわかりません(64bitのみという情報もあります)。しかし、楽しかった夏休み後、仕事でパソコンを起動したらアップデートが行われ、翌日起動したら青い画面が・・・と、ならなければいいのですが。

【悲報】8月のWindowsアップデートで起動しなくなる人続出。ブルースクリーン出て詰む : IT速報
Blue Screen Stop 0x050 error reported for systems installing KB2976897, KB2982791, and KB2970228 | Microsoft windows – InfoWorld(英語)
2014年8月の”Windows Update”でトラブルが発生!?【Win8.1が起動しなくなる?】 – 何でも雑記板 (避難)
Windows8/8.1・Windows7(共に64bit版)で、8月のupdateを実施すると「起動しなくなった」という報告多数 … 修正パッチ配布までアップデートは控えた方が無難 : にわか日報
2014年8月の月例Windows Updateでトラブル続出? – Windowsが起動しなくなったときの対処方法 | マイナビニュース(追記)
マイクロソフト、8月の更新プログラムで不具合発生時の復旧方法を公開 | マイナビニュース(追記)
8月のWindows更新プログラム、「問題ない場合でも削除を推奨」 – 日本MS | マイナビニュース(追記)

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。