CD

最近、あまりソフトを購入することがないのですが、先日、近くのホームセンターへ行った時、OAコーナーにPC用のソフトが販売されていたのですが、今はCD-ROM/DVDなどのディスクでソフトを販売していなくてUSBで販売しているため非常にパッケージが小さくなっていたのを見て何か妙な感じをしました。

おそらくUSBになっても同じだと思うのですが(購入したことがないのでよく知りません)、CD-ROMなどでソフトをを購入し、CD-ROMをパソコンに入れると自動でそのCD-ROMのソフトが起動して、インストールが始まります。

これはAutoRun機能と言いましてCD-ROMにAutorun.infというファイルがあった場合はその中に書かれているソフトを起動するというWindowsの機能なのですが、このAutoRunを時期WindowsのWindows 7ではセキュリティ対策として初期設定は無効にするという発表がありました。

下記にその理由と現在使用しているPCのAutoRun機能を無効にする方法を明記しておきます。

Microsoft社が次期OSのWindows 7では初期状態でAutoRun機能を無効にする理由というのは、ここ最近、USBを利用したウィルスの感染が拡大しています。Microsoft社はこの対策として書き込みができないCD-ROMやDVD以外のメディアはAutoRun機能を無効にすることによってメディアによるウィルスの感染を防止するという理由になります。

この対策は次期OSのWindows 7で実施されることが決まったのですが、現行OSのVistaやXPも随時変更していくとのことです。

私のPCはWindows XPなのですが、現在はAutoRun機能は無効にしています。もちろん、最初はAutoRun機能は有効になっていたのですが、CD-ROMを入れるたびに勝手にソフトが起動し、PCをイタズラされているような気がするので現在はAutoRun機能を無効にしています。おそらく今後もAutoRun機能を有効にすることはないと思いますが・・・。

もし、現在、AutoRun機能が有効になっていて「このCD-ROMだけはAutoRun機能を無効にしたい」という方は[Shift]キーを押しながらCD-ROMを入れるとその時だけはAutoRun機能が無効になります。

もし、私のようにAutoRun機能を永久的に無効にしたい場合は・・・だいぶ前なので忘れてしまいました(^^ゞ

そうは書いてもここまで書いておいて「自分で調べて」とはかけないのでちょっと調べてみましたが、こちらの方法が参考になるのではないでしょうか。

Windows の自動実行機能を無効にする方法

確か、レジストリを変更する方法もあったと思いますが、あまりパソコンについて詳しくない人はレジストリを操作することは非常に危険なのでやめておきましょう。

【ネタ記事】
マルウェアの悪用に対処:Microsoft、AutoRunの設定変更を表明 – ITmedia News

これで安心レジストリの仕組み・設定・カスタマイズ
松本 剛
技術評論社
売り上げランキング: 131535