091113-go

もう一日以上過ぎてしまっているので知っている人は既に知っていると思いますが、それでもやっぱり紹介だけはしておこうと思います。

検索エンジンで有名なGoogleはこの度、Googleオリジナルのプログラム言語「Go言語」を発表しましたので下記に紹介しておきます。

Go言語はPHPやPythonなどのスクリプト言語ではなくC++やJavaなどのコンパイラ言語で、BSDライセンスの元、11月10日に発表されました。

書き方はC言語に似たような書き方なのですが、コンパイル(ビルド)が非常に高速ででき、C++やJavaよりもオブジェクト指向的に作られているとか。

開発はGoogle特有のシステムである勤務時間の20%は自由に過ごしていいという時間を利用して7人で開発したとのこと。

対応OSは現段階ではLinuxかMac OS X。下記サイトから自由にダウンロードして誰でも使用できるようです。

The Go Programming Language(公式サイト)

既にインストール、実行をしておきまりの「Hello world」を出力したとブログで公開している人もいます。

早速 Go 言語を試してみる! – IT戦記

GordonちなみにこのGo言語のマスコットはGordonと言って、種類はリスだそうです。(誰が書いたのでしょうか?(笑))

これから何か人と変わった言語を学びたいと思う人は試してみる価値はあるかもしれませんね。

【参考サイト】
グーグル、C/C++に代わる新言語「Go」をOSSで公開 - @IT
Google、C/C++に代わる言語「Go」をBSDライセンスで公開 – スラッシュドット・ジャパン
GoogleがUNIX作者らが開発した新言語「Go」をオープンソースとして公開 – ニュース:ITpro
グーグル、オープンソースのプログラミング言語「Go」を発表:ニュースクリップ – CNET Japan