1242081_14029728

 プログラミング言語にはいろいろな種類が存在しています。それら言語には目的などによって書き方や使い勝手が異なります。

 これらプログラミング言語を車などの乗り物に置き換えた場合、どのようなイメージになるかを書いたページがあったので下記に画像とともに紹介します。

C言語は「Jeep」

C言語は「Jeep」

C++は「ハンヴィー」

C++は「ハンヴィー」

C#は「ハマー」

C#は「ハマー」

Javaは「ピックアップトラック」

Javaは「ピックアップトラック」

Pythonは「ミニバン」

Pythonは「ミニバン」

Perlは「VW ミニバス」

Perlは「VW ミニバス」

LISPは「自転車」

LISPは「自転車」

Haskellは「一輪車」

Haskellは「一輪車」

PHPは「中古車」

PHPは「中古車」

Goは「電気自動車」

Goは「電気自動車」

COBOLは「蒸気自動車」

COBOLは「蒸気自動車」

MATLABは「スペースシャトル」

MATLABは「スペースシャトル」

Rは「気球」

Rは「気球」

OCamlは「バブルカー」

OCamlは「バブルカー」

JavaScriptは「ゴルフカート」

JavaScriptは「ゴルフカート」

 これはあくまでもこの記事を書いた人の考えで、全ての人がこのように感じているとは限りません。それぞれの理由については下記のリンク先を参照してください。私が愛用しているPHPは「中古車」か・・・まぁ、嫌いじゃないけどね(^^ゞ

If programming languages were vehicles

プログラマの考え方がおもしろいほど身につく本 問題解決能力を鍛えよう! (アスキー書籍) Kindleストア

価格¥1,742

順位153,718位

V.Anton Spraul, 角 征典, 高木 正弘

発行角川アスキー総合研究所

発売日2014/08/14

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API