Webサイトを色々見ていて危険なサイトは見たくないと思うのは誰でも同じことかと思います。その危険なサイトを事前にチェックしたりするツールは世の中に沢山なって、そのツールを使うことによって回避することはできます。

では、自分が運営しているサイトが「危険なサイト」と評価されてしまっていたらどうでしょうか?

特に何をしているわけでもなく、ごく普通に運営している自サイトが何かしらに乗っ取られて、それが危険サイトと評価されたらたまったものではありません。ましてやGoogleに「危険サイト」と判断されたら目も当てられません。

下記に自サイトも含めて危険なサイトと評価されていないかをチェックするGoogleのサービスがありましたので紹介します。

サイトが危険かどうかを判断するGoogleのサービスとは「Safe Browsing」(セーフ・ブラウジング)というサービスです。

利用方法は簡単で、下記の「○」の部分にURLを入力してブラウザで確認するだけです。

http://www.google.com/safebrowsing/diagnostic?site=○○○○○○

例えば、当サイトの場合は

http://www.google.com/safebrowsing/diagnostic?site=www.ivystar.jp

と入力すれば下記のような画面が表示されます。

Safe Browsingでwww.ivystar.jpをチェック

Safe Browsingでwww.ivystar.jpをチェック

ページ内の一番上の「What is the current listing status for ○○?」に「This site is not currently listed as suspicious.」(このサイトは現在、不審として記載されていません。)と表示されていれば大丈夫です。

「This site is not currently listed as suspicious.」と表示されればOK

「This site is not currently listed as suspicious.」と表示されればOK

さあ、あなたのサイトは安全なサイトと評価されているでしょうか?

体系的に学ぶインターネットセキュリティ
西井 美鷹 神崎 洋治
日経BPソフトプレス
売り上げランキング: 45423