パタパタ時計のスクリーンセーバーを下記に紹介します。

 最近のパソコンであればおそらくほとんどのOS(Operation System)にはスクリーンセーバーが搭載されていると思います。本来、スクリーンセーバーは画面の焼き付き防止のために設けてあるソフトウェアなのですが、焼き付くのはブラウン管のモニターです。しかし、最近のパソコンの多くは液晶モニターなので本来であれば焼き付き防止用にスクリーンセーバーは必要ないのですが、セキュリティや見た目が楽しいなどの理由で導入している人も多いことでしょう。私も必要ないとわかっていてもある程度の時間、席を外すとスクリーンセーバーが起動するようにしています。

 そんなスクリーンセーバーで有名ブログサイトのGigazineでパタパタ時計のスクリーンセーバーを紹介していました。

無料でパソコン画面を巨大パタパタ時計にできるスクリーンセーバー「Fliqlo」 – GIGAZINE

 このスクリーンセーバーは時計の時と分がパタパタと変わっていく、まるでザ・ベストテンの順位発表のように変わっていくあの時計のことです。画像でいうと下記のような時計のことですが、この時計の呼び方ってフリップ時計(flip clock)、リーフ式時計、ソラリー時計とも呼ばれるようですね。ちょっと調べたらWikipediaにパタパタ時計で載っていました。

パタパタ時計

パタパタ時計

 さて、このパタパタ時計のスクリーンセーバーを私のパソコンにも入れてみました。私のパソコンはデュアルディスプレイで2つのモニタを使っています。このモニターでこのパタパタ時計のスクリーンセーバーを起動するとどうなるのかな?と思って起動したら下記のような画面になりました。

デュアルディスプレイで起動したパタパタ時計のスクリーンセーバー

デュアルディスプレイで起動したパタパタ時計のスクリーンセーバー

 見ての通り各モニタでパタパタ時計が表示されました。真ん中に1つだとモニタの切れ目にかかってしまうのでこのような表示で良かったです。どうでもいいことなんですけどね(^^ゞ。もし、気に入ったらこのスクリーンセーバーを入れてみてはいかがでしょう。

9031 › Goodies