1178355_49790274

パソコンをそのまま放置しておくと通常は、スクリーンセーバーが起動して画面の焼付き防止を図ってくれます。

Windowsを初めて触った時はいろいろな画面が表示されてなかなか面白く、Windowsに標準搭載されている「パイプ」ではヤカンがいつ出るかとじ~と見入ってしまったことを覚えています。

そんなスクリーンセーバーは今でもいろいろと発表されていて、時代と共にグラフィックを多様化したスクリーンセーバーも登場しています。下記にそのいくつかの面白いスクリーンセーバーを動画を交えて紹介します。

Nintendo Screen Saver

任天堂のゲーム画面を多数集めたスクリーンセーバーです。任天堂ゲームファンなら必見のスクリーンセーバーかも。

UberNES – Nintendo Screen Saver

Kaze to Desktop

こちらのスクリーンセーバーは嵐のようにデスクトップ上のウィンドウなどが飛ばされていくスクリーンセーバーです。

KAZE TO DESKTOP

DROPCLOCK

何ともビジュアル的に凝ったスクリーンセーバーで水の中に落ちる数字が時計になっています。

DROPCLOCK

Heloli’s Gems Screensaver

4つの宝玉(gem)が床の上で転がるスクリーンセーバーです。

091011-helolis-gems-screensaver

へろ~りどっとこむ

ソニーのブルーレイスクリーンセーバー

ソニーが提供するスクリーンセーバーでキーワードを登録するとそのキーワードの画像をスクリーンセーバーで表示してくれます。

〈おまかせ・まる録〉スクリーンセーバー

BlueScreen Screen Saver

以前のブログでも紹介したのですが、スクリーンセーバーがWindowsユーザなら一度は経験したことがあるんじゃないかというブルースクリーンで表示されます。以前に一度だけ入れたことがあるのですが、このスクリーンセーバーを入れたことを忘れて、表示されると心臓が止まる思いをします。

BlueScreen

あとがき

BlueScreen Screen Saver以外はいずれも未検証です。利用する場合は自己責任で使用してください。また、BlueScreen Screen Saverを使用して心停止などの事態になっても責任は持ちませんので、自己責任でご利用ください(^_^)v