Apache 2 Test Page

 Web用のサーバーにApache(ここではApache 2の話し)をインストールすると、上記のような「Apache 2 Test Page」が表示されます。このページはApacheインストール後に「ちゃんと動いているよ」と知らせてくれる幸せのメッセージです。ちなみに一番上のメッセージには下記のような内容が書かれています。

This page is used to test the proper operation of the Apache HTTP server after it has been installed. If you can read this page it means that the Apache HTTP server installed at this site is working properly.

(Apacheインストール後、このページはApache HTTPサーバの動作をテストするために使用されます。あなたがこのページを読むことができるなら、Apache HTTPサーバーがこのサイトで正常に動作しているインストールを意味します。)

 ただ、この幸せのメッセージは最初だけの場合があります。ルートディレクトリにindexファイルがないと、このページはいつも表示されます。大体の場合はindexファイルがあると思うので別に気にしないことが多いと思いますが、時として、このページを出したくない場合もあるでしょう。

 私の場合、ローカル環境でテスト用のサーバにインストールした時、indexファイルを置かずにルートディレクトリ内のファイルやディレクトリを表示したい時があります。もちろん、通常のサーバーでそのディレクトリ内のファイルやディレクトリを表示するのは御法度です。あくまでも特別な場合だけです。

 Webサーバーに詳しい方なら既に御存知だと思いますが、下記にTest Pageを表示しないでディレクトリ内を表示する方法を明記しておきます。

Test Pageを表示させない

 このTest Pageそのものは通常のインストールであれば

/var/www/error/noindex.html

にファイルが存在します。このファイル名を変更してもTest Pageは表示されなくなるのですが、このTest Pageを表示しているのは

/etc/httpd/conf.d/welcome.conf

になります。このファイルをエディタで開くと

#
# This configuration file enables the default “Welcome”
# page if there is no default index page present for
# the root URL. To disable the Welcome page, comment
# out all the lines below.
#
<LocationMatch “^/+$”>
Options -Indexes
ErrorDocument 403 /error/noindex.html
</LocationMatch>

と明記されています。あまり自信がありませんが、このコメント欄を翻訳してみると

ルートURLにデフォルトのindexページが存在しない場合、このconfファイルは「Welcome」ページを表示します。「Welcome」ページを無効にする場合は以下の行をコメントアウトします。

と書かれているようです。つまり、その下の「<LocationMatch “^/+$”>~</LocationMatch>」を「#」でコメントアウトし、Apacheを再起動(←これを忘れがち)すればTest Pageは表示されなくなります。

ディレクトリ内のファイル類を表示する

 おそらく、上記の作業を行えばほとんどの場合、ディレクトリ内のファイルなどが表示されると思います。もし、表示されないようなら

/etc/httpd/conf/httpd.conf

ファイル内の

<Directory “/var/www/html”>
Options FollowSymLinks
</Directory>

<Directory “/var/www/html”>
Options Indexes FollowSymLinks
</Directory>

と「Indexes」を付け加えてあげてApacheを再起動すれば表示されます。

Apache辞典 (DESKTOP REFERENCE)

価格¥1

順位2,118,025位

松本 光春

発行翔泳社

発売日2004/09/17

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API