131031-firefox-tabmixplus

 昨日、ブラウザソフトのFirefoxをVer. 25.0にアップデートしたら、今朝、そのFirefoxが起動できない問題が発生しました。

 下記にその原因を探る方法と対処方法、及び、今回、Ver. 25.0にアップデートしたことによって原因となったアドオンが「Tab Mix Plus」だったということも報告します。

一瞬だけ表示されるウィンド

 私は以前からブラウザソフトはFirefoxを愛用しています。最近はChromeも伸びてきて、そちらに移行する方も多いようですが、今のところ変更する理由もないので、そのままFirefoxです。

 ただ、最近はバージョンアップが早くてついていくのがちょっと大変。ちょっと前までFirefoxのバージョンは「3.X」だった気がするのですが、気がつけば昨日のバージョンアップで「25.0」になていました(^^;

 そのVer. 25.0にアップデートした時は特に問題がなかったのですが、翌日の今朝、PCを起動したあとにFirefoxをいつも通り起動すると、一瞬、ウィンドが白く表示された後、すぐに閉じてしまいます。「あれ?」と思って、再度、Firefoxのアイコンをクリックして起動させると、同じように瞬間的にウィンドが表示されるだけですぐに閉じてしまいます。

 詳細な原因はわかりませんが、おそらく昨日、Ver. 25.0にアップデートしたことによってこのような現象になったのでしょう。

セーフモードで原因追究

 さて、壊れたままでは困ってしまうので、まずはFirefoxをセーフモードで起動させます。これで起動できないようであれば本当に重傷です。起動方法は「Shift」キーを押しながらFirefoxのアイコンをクリックして起動させるだけ。問い合わせのウィンドウが表示されるので、「セーフモードで起動」をクリックします。

セーフモードで起動するか確認メッセージ

セーフモードで起動するか確認メッセージ

 無事起動ができたのならFirefoxそのものは問題ないと判断していいかもしれません。一番疑わしいのが「アドオン」です。Firefoxを利用している方なら必ずと言っていいほど何かしらのアドオンを入れていると思います。Firefoxの魅力の一つは数多くあるアドオンでもあります。

 セーフモードで開いたらまずはアドオンを全て無効にします。セーフモードではアドオンは無効になって開きますが、各アドオンの設定は「有効」になっています。これを全て「無効」にしてセーフモードで開いたFirefoxを終了して、通常のFirefoxを起動させます。

 これで通常のFirefoxのが起動できれば何かしらのアドオンが新しいFirefoxと相性が悪く、開くことができないのでしょう。通常のFirefoxが開いたらどれか1つのアドオンを「有効」にしてFirefoxを終了→起動させます。問題なく起動できたら、次のアドオンを「有効」にしてまた終了→起動させます。これを繰り返して問題のアドオンを探し出します。

原因は「Tab Mix Plus」

 今回問題として見つかったアドオンは「Tab Mix Plus」でした。このアドオンを無効のままにしておけばVer. 25.0のFirefoxは問題なく起動できることが確認できました。

 この「Tab Mix Plus」はタブの機能を拡張させるアドオンなのですが、最近のFirefoxはいろいろと機能が拡張されタブ機能もかなりよくなっています。その為、この「Tab Mix Plus」が必要なのかは以前から疑問に感じていましたが、ついついそのまま放置していました。今回、これを機に「Tab Mix Plus」を無効にさせてしばらく使ってみようと思います。

 朝からひと仕事でした(^^;

次世代ブラウザ Firefox 高速・安全・カスタマイズ自在な無料ブラウザ
Tab Mix Plus :: Add-ons for Firefox