当ブログを旧バージョンのInternet Explorerで見ている方は御存知だと思いますが、サイドバーに新しいInternet Explorerを使うことを促すメッセージを表示するようにしました。Webサイトの作成に関わっている人なら、なぜその様なメッセージを出すのかはわかってもらえると思いますが、古いInternet Explorer、特にバージョン6(IE6)はバグが多かったりしてサイトを作るのに結構苦労するのです。

 その為、多少なりとも古いInternet Explorerを辞めてもらうようにメッセージを表示しているのですが、この様なメッセージや仕掛けを行っているサイトは所々にあったりします。大体が個人ユーザのサイトだったりするのですが、何とInternet Explorerの開発元であるMicrosoft社が、それもIE6は「9年前の牛乳」だとして新しいブラウザへの移行を推進しています。その詳細は以下に。

 IE6を「9年前の牛乳」として新しいブラウザの使用を推進しているMicrosoft社のサイトはこちら。

Upgrade to Internet Explorer 8 | Microsoft Australia

 これはMicrosoft社のオーストラリアが公開しているサイトで2001年の時は最先端のセキュリティだったがもう時代遅れです。と言っています。それも古い牛乳で表現するとは何とも愉快なものです。せっかくなのでスクリーンショットも載せておきます。

Upgrade to Internet Explorer 8

Upgrade to Internet Explorer 8