タスクバーにATOK Padのアイコン

 私が使用しているメインパソコンの日本語変換ソフトにはATOK定額制サービス(以下ATOK)を利用しています(ネットブックの方はMozcです)。このATOKは毎月300円程度で最新版のATOKを使うことができるサービスで、日本語変換にこの低額で使用できるのはなかなか良い商品だと私は思っています。

 このATOKは定期的に辞書を更新し、常に最新状態を保ってくれます。最新状態にアップデートする時は必ずその旨を知らせるウィンドが表示されるのですが、今日もそのメッセージが表示されました。しかし、その中に何やら見慣れないものが含まれています。それはATOK Padという文字。何だろうなと思いながら、他の辞書と共にインストールを許可しました。するとタスクバーに何やら見慣れないアイコンが存在します(上記画像参照)。そのアイコンの上にマウスを合わせてみると「ATOK Pad」の文字が。これがATOK Padの様です。

 下記にそのATOK Padが何であるかを明記しておきます。

 ATOK Padとはキーボードの「Ctrl」キーを2回連打すると画面一杯に表示されるいわゆるメモ帳です。パソコンで仕事をしている時、すぐにメモを取りたい時があったら「Ctrl」キーを2回連打すると下記のような画面が表示されて、中央の黒いボックス内にメモしたい内容を即座に入力することができます。ちなみにこの画面を開いた時には日本語変換機能はONになっています。

「Ctrl」キーを2回連打すると表示されるATOK Pad

「Ctrl」キーを2回連打すると表示されるATOK Pad

 この画面を解除するには「Esc」キーを押すか、画面右上の「×」ボタンをマウスでクリックすると解除されます。この時、入力した内容は保持されますが、ファイルとしてどこかに保存されるわけではありません。あくまでもATOK Padが保持するだけです。

 また、入力したメモ内容は画面下にある「Web検索する」ボタンを押すことによってYahoo! Japanで検索することができます。右下の歯車アイコンはクリックするとATOK Padの設定が行えます。

ATOK Padの設定ウィンド

ATOK Padの設定ウィンド

 設定できる内容はメモ部分のフォントサイズとその背景色。フォントサイズは「大」「中」「小」の3種類。背景色は「ギャラクシー」「グラビティ」「クラウド」「リーフ」の4種類です。それぞれの違いは各自で確認してください。また、背景の画像は下記のように6種類用意されています。

ATOK Padで用意されている背景画像

ATOK Padで用意されている背景画像

 インストール後、まだ、間もないので使っていませんが、いたずらに触った感じでは使い方次第では物になるような気がします。突然の電話がかかってきた時に即座に入力できます。入力した内容は保存できませんが、もちろんコピペはできますので、落ち着いた時に調べるなり、保存すればいいだけ。

 似たようなソフトとしてOffice One Noteがありますが、起動までにちょっと時間がかかるなどで全体的に重い感じがしますが、ATOK Padの場合は起動が軽く、使いやすいように感じました。実際に使ってみないと確実なことは言えませんが、入れておいて良かったと感じるソフトになることを期待したいです。

 ちなみにこのATOK PadはフリーソフトでMicrosoft .NET Framework 3.0以上が入っていればWindowsユーザーは使うことができます。ダウンロードはこちらから行えます。ATOK(ジャストシステム)の解説はこちらです。

ATOK 2010 for Windows 通常版 PCソフト

価格¥17,000

順位13,685位

発行ジャストシステム

発売日2010/02/05

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API