仕事でOpenVPNのクライアントソフトvpnux Connector Lite(以下、vpnux)をインストールする必要がったのですが、インストール中に「.NET Framework 4が入っていない!」と怒られました。下記にその怒られながらも、苦労してインストールした結果を下記に報告します。同じような人は少ないかもしれませんが、もしかしたら、同じような人がいるかもしれないので。

 vpnuxのサイトからバージョン1.4.1をダウンロードして、インストールを開始。普通だったら数分で終わる作業なのですが、インストール中に

.NET Framework 4がありません。インストールしますか?

といったようなメッセージが表示されました。このメッセージを見て「あれ?」と疑問が。確か.NET Framework 4は入っているはず。

 スタートメニューから「コントロールパネル」を開き、「プログラム」-「プログラムのアンインストール」をみてみると

  • Microsoft.NET Framework 4 Client Profile
  • Microsoft.NET Framework 4 Client Profile Language Pack

が表示されています。けど、無いと言われているし、インストールできないと困ってしまうので「はい」をクリック。

 すると、今度はインストール中に

.NET Framework 4がインストールできなかった

というようなメッセージが表示され、.NET Framework 4のインストールが中断してしまいます。さ~て、困った!ここから対決が始まりました。

 まずはスタートメニューから「Windows Update」を選択して、インストールしていなかったアップデートをインストールします。ただ、インストールしていなかったのはドイツ語パックやオランダ語パック、韓国語パック、中国語(簡体字)パックなどの32個の言語パックです。実はこの言語パックは過去に別のWindowsでインストールしたことがあるのですが、非常に時間がかかるのであえてインストールをしていませんでした。しかし、どうもこれをインストールする必要があるらしいので、渋々インストール。案の定6時間近く掛かってしまいました(>_<)  さて、これら言語パックをインストールした後、再度、Windows Updateを実施すると.NET Frameworkの更新ファイルがいくつかインストールされました(ただし、バージョン3.5.1ですが)。これでvpnuxがインストールできるなと思い、インストーラーを実行するとまたもやNG。  次にグーグル先生に聞いてみたところ、下記のサイトを教えてくれました。 Windows 7 および Windows Vista で .NET Framework 更新プログラムのインストールが失敗する場合の解決方法

 私のWindwos 7には先にも書いたとおり.NET Framework 4しか見当たりません。それぞれの.NET Framework 4の「修復」を行ってみましたが、やっぱりvpnuxはインストールできません。

 次に.NET Framework 4をリンク先に書かれていた順番にアンインストールを実施。そして、リンク先に貼られていた下記リンク先から.NET Framework 4をダウンロードしてインストール。

Download: Microsoft .NET Framework 4 (スタンドアロンのインストーラー) – Microsoft Download Center – Download Details

 インストール後、Windows Updateを実施したところ、無事にvpnuxをインストールできましたε-(´∀`*)ホッ!インストール後、「プログラムのアンインストール」で確認すると

  • Microsoft.NET Framework 4 Client Profile
  • Microsoft.NET Framework 4 Extended

となっています。Extendedというのが必要だったのでしょうかね?何はともあれ、なんだかんだで12時間以上掛かった大作業でした(~_~;)。たった1つのソフトインストールするだけなのに大変だったな~。

OpenVPNで構築する超簡単VPN入門―Windows/Mac OS X/Linux対応

価格¥1,604

順位94,537位

ケイズプロダクション

発行ラトルズ

発売日2006/09/01

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API