私には直接関係することは少ないのですが、Web上で広告を出している業者やお店では広告を出すサイトがどれだけのアクセス数があって効果が得られるのかは絶対的に必要な情報でしょう。

しかし、それら情報はそのサイトの管理者が自ら公表する値しか判断することができず、その数字を参考にして実際に広告を出し、その結果からそのサイトは広告を出すのに有効なサイトかを判断することができます。

但し、そのサイトを閲覧する人が男性なのか女性なのか、年齢はどの位の年齢層がターゲットなのかまでは把握することは困難です。

ちょっと前に話題になったサイトでUser Insightというものがあります。これはWebの閲覧者の性別、年齢、アクセス状況などをチェックすることができるツールなのですが、そのツールを使用するのはサイトの管理者がそのツールを使用して、結果を公開しなければわからないものでした。更にそのツールは有料ツールなのでそのツールを入れて公開しなければ、広告を出す業者にとっては把握することができません。

しかし、それら指定サイトの閲覧者情報(年齢、性別など)やアクセス数などを無償で確認することができるツールがあのGoogleから提供されていたので下記に紹介します。

Googleが無償で提供する際のとアクセス数や閲覧者情報が確認できるサイトというのはGoogle Ad Plannerというサイトです。

Google Ad Planner

Google Ad Planner

このサイトはまだ日本語化されていないのですが、指定したサイトのアクセス数はもちろんのこと

  • 地域
  • 言語
  • 性別
  • 年齢層
  • 最終学歴
  • 世帯収入
  • 訪問しているサイト名
  • 検索しているキーワード名

などの情報を確認できるサイトです。これら情報をどのようにして取得しているのかは不明で、どれだけ信頼できる数字なのかも全く未知の世界ではあります。

ただ、どのサイトでもチェックすることができると言うことで考えれば、サイトの比較を行うには十分な情報を無料で提供してくれる画期的なツールではないかと思います。

細かいことは黒船Google汐留沖に出現でWeb広告業界に激震!で、書かれているので参考にして頂ければわかりますが、サイト内に書かれていることとして情報の取得方法が不明なことと、携帯サイトに対しては情報が無いと言うことには注意が必要かと思います。

利用するにはGoogleアカウントを取得をする必要がありますが、御存知の通りアカウントの取得は無料なので実質的には無料で誰でも使用することができます。

大手サイトのアクセス数が交渉の数字よりも4分の1しか実際にはなかったなどと書かれていますが、どちらの数字が正しいのかはよく分からないので何とも言えないことかとは思いますが、今後、アクセス数を公開する場合はその数字がどこから取得した数字なのかも明記することは重要なことになるのは間違いないでしょう。

このツールをどう利用するかはその人次第ですが、かなり欲しがっていた人は多いのではないかと思うツールだと思います。

Google Ad Planner

Webキャンペーンのしかけ方。 広告のプロたちがつくる“つぎのネット広告”
渡辺 英輝 阿部 晶人 螺澤 裕次郎 伊藤 直樹
インプレスジャパン
売り上げランキング: 27065