画像などの著作権について先日法改正が行われました。ブログを運営している方には多少なりとも関連するので下記に明記しておきます。

 ブログなどを運営しているときに管理者が気にしなければならないことの一つに「著作権法」というものがあります。これはご存じの方も多いと思いますが、その人が作った著作物を守るための法律のことです。

 その著作権法の改正案が先日、閣議決定したということです。内容についてはニュースサイトからそのまま引用させて頂きます。

政府は9日、絵画など他人の著作物が偶然背景に写り込んだ写真や映像をインターネットのブログで公開する行為などを著作権侵害とせず、許諾なしで利用を認める規定を盛り込んだ著作権法改正案を閣議決定した。

 改正案では「写り込み」のほか

  • キャラクター商品を開発する際の社内企画書にキャラクター画像を掲載
  • 技術開発用サンプルとして音声や映像ソフトを複製
  • ネットのサーバー上に複製データを蓄積

などのケースについて、著作権侵害の対象から除外する。

 デジタル技術やネット社会の発達により、著作物のデータ化や複製が容易な現状への対応。

47NEWS

 本当は上記のような記事引用も著作権法に引っかかるかもしれませんが、適当なことを書くわけにもいきませんので引用させて頂きました。

 読んでもらうとわかるように、偶然映り込んだ著作物や技術的な理由によるものは著作権から外れるというものです。逆にこのようなものまでも著作権で引っかかっていたという方が驚きでした。法律って難しいです。

著作権侵害に例外規定盛り込む 改正案を閣議決定 – 47NEWS

デジタル時代の著作権 (ちくま新書)

価格¥43

順位508,379位

野口 祐子

発行筑摩書房

発売日2010/10/07

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API