Blogopolis

ブログを書いている時になるのが、そのブログがどれだけ認知されていて、どれだけの人が見てくれているのか。つまり、ブログのアクセス数ですが、通常はGoogle Analyticsなどのアクセス解析ソフトでその状況などを把握するわけです。また、それ以外に日本独自ですが、株式会社 はてなが提供するブックマーク、いわゆる「はてブ」に登録されている数もその状況を知る一つのパラメータにもなります。

このアクセス状況を知るツールとしてちょっと変わった3Dビジュアルのサービスが登場しました。その名はBlogopolis。どのようなサービスなのかについては下記を参照ください。

BlogopolisはTopHatenarが集計した情報を元に30万件のブログを3Dの町に見立てた仮想都市サイトです。

Blogopolis

Blogopolis

一見するとカラフルな卵にしか見えないのですが、サイドにあるスライドバーや目玉矢印(?)を動かしてみるとGoogleマップのようにいろいろなサイズや角度で見ることができます。

左上のテキストボックスにURLやブログ名などを入れるとそのそのブログの町を検索表示してくれます。試しに当ブログの「アイビースター」を検索してみました。すると、背の低いたった3つの建物ですがしっかり町の中に含まれています(^_^)v。場所はWordPressの町の中。それほど人気のないブログでもしっかり場所を確保しているのはすごく嬉しい限りです。

Blogopolisで「アイビースター」を検索

Blogopolisで「アイビースター」を検索

ついでに旧ブログの「Hibi日記」も検索してみました。するとWebサービスの横に4つの建物でチョコンと存在していました。これまた嬉しい(^^)

BlogopolisでHibi日記を検索

BlogopolisでHibi日記を検索

さて、この仕組みはどうなっているのかというと開発者ブログにこの辺の説明は書かれていました。まず、3ユーザー以上のはてブエントリーがあると一つの建物となり、ブックマーク数によりその大きさ(土地面積)となります。そして、読者数が多くなればなるほど建物の高さが大きくなるという仕組み。また、建物をクリックするとそのブログ記事などの情報も表示されます。

例え小さな建物でもこの日本の巨大ブログ世界にチョコンと土地を確保して存在しているのは、ブログをやっているものとしては小さからずも存在感をアピールしているようですごく嬉しく感じます。さあ、皆さんのブログはいかがでしょうか?もう高層ビルのようになってるでしょうか?

Blogopolis

シムシティDS2~古代から未来へ続くまち~ ゲーム

価格¥5,500

順位10,468位

発行エレクトロニック・アーツ

発売日2008/03/19

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API