最近は多くの人がTwitterFacebookなどのSNSを利用しています。けど、ちょっと前までは「ブログ」が騒がれていました。もちろん、今でもブログは利用されていて本サイトもブログです。

 そのようなSNSとブログについて一つのヒントと言いましょうか?考え方を下記に明記しておきます。

SNSはフロー型

 TwitterやFacebookといったSNSは何かしらのつぶやきや近況を書くと時系列で表示されます。これはブログも同じです。けど、これらSNSというのは手軽に書くことができ、その場その場の情報などを簡単に配信することができるツールとして利用されています。これら手軽さが世の中に広がっていった一つの理由でしょう。

 そのことを考えるとSNSというのは情報を配信するツールとしてニュースなどと同じメディア的要素があると思います。こういうものを「フロー型」というらしいです。

 フローというのは英語で書くと「flow」となり、その意味は「(川・水・液体が)流れる」という意味です。つまり、情報が流れていくということでフロー型といいます。

ブログはストック型

 これに対しブログはSNSのような手軽さはありません。もちろんSNSのような使い方をすることもできますが、一般的にはその日の出来事や自分の考え方などを腰を据えてじっくり書くものと私は理解しています。そして、そこに書かれた内容は今すぐ役に立つ内容では無いが、時が経った後やその情報を必要とする人が探して見つける内容だったりします。このようなものを「ストック型」といいます。

 ストックというのは英語にすると「stock」となり、意味は「蓄える」「備える」といった意味になります。情報を蓄えるということですね。

フローの文明・ストックの文明―21世紀の日本のシナリオ

著者/訳者:矢野 暢

出版社:PHP研究所( 1988-09 )

定価:

単行本 ( 332 ページ )

ISBN-10 : 4569223338

ISBN-13 : 9784569223339