先日、Googleが始めた新しいサービスGoogleドライブを利用し始めようと思う記事を書きましたが、それをちょっとためらってしまうような情報がありました。それはオンラインストレージサービスを使う上でのGoogleの利用規約についてです。下記にその理由を明記しておきます。

オンラインストレージサービス

 今、世の中にファイルなどをネット上で保存し、それを各所から利用するオンラインストレージサービスはいろいろと存在します。私がメインで使用しているサービスはもっぱらDropboxです。この他にも先日始まったGoogleドライブやMicrosoft社Microsoft SkyDriveなど調べると山のように出てきます。

利用規約

 そのような各種オンラインストレージサービスではそれぞれのサービスを使う上でのルールが書かれた利用規約というものがあります。その利用規約に同意しないとそれぞれサービスを利用することができません。先にも書いたDropboxやGoogleドライブももちろんその利用規約があります。

 そんなGoogleドライブを利用しようと思ったら先日の記事にも書いたとおり、準備中と言うことですぐには使うことができませんでした。まあ、Dropboxもあるので特には困らずに準備ができるのをのんびり待っていたのですが、そんな中、下記のような記事を発見しました。

異常すぎるGoogle Driveの利用規約:「うpしたファイルは骨までしゃぶるからな」 – READ2CH

 この記事を見るとDropboxやSkyDriveは「アップしたファイルの所有権はそれを利用しているユーザーにある」と書いてあるのですが、Googleだけは「Googleとその提携先が所有する」と書いてあります。

Σ(゚д゚lll)ガーン

各サービスの利用規約をチェック

 条規に書いてあることは本当なのか?ということでDropboxとSkyDrive、Googleドライブの利用規約をチェックしてみました。これら利用規約は2012年4月28日に書いてあったものを抜粋してきました。

Dropbox サービス利用規約

お客様の素材およびプライバシー
お客様は本サービスを利用することにより、Dropbox に提出した情報、ファイル、およびフォルダ (総称して「お客様の素材」) を当社に提供することになります。お客様は、お客様の素材に対する完全な所有権を保持します。当社はお客様の素材に対する所有権を一切主張しません。本利用規約は、以下で説明するように、本サービスを遂行するために必要な限定的な権利を除き、お客様の素材の権利または知的財産権を当社に付与するものではありません。

マイクロソフト(Microsoft SkyDrive)の使用条件

第 5 条 お客様のコンテンツ
当社がお客様にライセンス付与したマテリアルを除き、当社は、本サービスに関連してお客様が提供したコンテンツの所有権を主張しません。お客様のコンテンツは、あくまでもお客様のものです。また、本サービスにおいてお客様または他のユーザーが公開するコンテンツを、マイクロソフトが制御、検証、または承認することもありません。

Google(Google Drive) 利用規約

本サービス内のユーザーのコンテンツ
本サービスの一部では、ユーザーがコンテンツを提供することができます。ユーザーは、そのコンテンツに対して保有する知的財産権を引き続き保持します。つまり、ユーザーのものは、そのままユーザーが所有します。
本サービスにユーザーがコンテンツをアップロードまたはその他の方法により提供すると、ユーザーは Google(および Google と協働する第三者)に対して、そのコンテンツについて、使用、ホスト、保存、複製、変更、派生物の作成(たとえば、Google が行う翻訳、変換、または、ユーザーのコンテンツが本サービスにおいてよりよく機能するような変更により生じる派生物などの作成)、(公衆)送信、出版、公演、上映、(公開)表示、および配布を行うための全世界的なライセンスを付与することになります。このライセンスでユーザーが付与する権利は、本サービスの運営、プロモーション、改善、および、新しいサービスの開発に目的が限定されます。このライセンスは、ユーザーが本サービス(たとえば、ユーザーが Google マップに追加したビジネス リスティング)の利用を停止した場合でも、有効に存続するものとします。

最後に

 以前、「あなたの後ろに目が・・・!Googleウェブ履歴」や「Googleは閲覧者を特定しようとしている」の記事を書きましたが、Googleは巨大になりすぎてちょっと暴走気味に感じるのは私だけでしょうか?昔の「シンプルなGoogle」に戻ることはもう無いのかな・・・。

 Googleドライブからは準備が整った連絡があったのですが、今のところ特に困っているわけではないので利用していません。おそらくGoogleは利用規約を変えることは無いと思いますので、このまま使わないで終わってしまうような気もします。