検索エンジン最大手のGoogleはありとあらゆるサービスを無償で提供していて、私も非常に重宝しているのですが、今回ちょっと一歩引いてしまうようなことがありました。

それはGoogleが同じく無償提供しているサービスの一つGoogleウェブ履歴という機能です。

まるでユーザの背後から覗いているような、ちょっと不気味にも思えるようなサービスであるということが今回わかったので下記に明記しておきます。

知っている人にとっては当たり前のことなのかもしれませんが、私のように気がつかなかった人は「えっ!」と思うかもしれません。

先日、その日に検索した結果をもう一度見る必要があり、Googleが提供するGoogle ウェブ履歴を見ていると

「あれ?」

と思うことに気が付きました。それはGoogleで検索した内容とは違う内容もウェブ履歴に残っているのです。

Googleのウェブ履歴は検索したキーワードとその検索結果をクリックしたサイトの情報が記録されて閲覧できるものなのですが、よくよく見ているとそれ以外の情報も掲載されているのです。その検索以外に載っている情報というのはブラウザのブックマークに登録してあるサイトです。更にそれだけではなくサイトのリンクをクリックして別ページに移動したページまで履歴に残っているじゃないですか\( *o*)/!

なぜ、検索以外の情報がGoogle ウェブ履歴に掲載されているのかちょっと気になり、色々調べてみた結果、どうもブラウザ(私はFirefox)のプラグインで入れているGoogleツールバーが鍵を握っているようです。

試しにGoogleツールバーを無効にしてみた結果、Googleの検索結果とその結果から移動したサイトの履歴は表示されますが、それ以降は履歴として登録されませんでした。

Google ウェブ履歴の存在は知っていましたし(あまり活用はしていませんでしたが)、検索内容とその移動先まで登録しているのも把握はしていましたが、まさか、ブックマークやその以降の移動先まで全て履歴を取っているとは思いませんでした!

もし、Googleツールバーを入れていてGoogleアカウントをONにしていたらネットサーフィンした内容は全てGoogleは把握していることになります。

Googleツールバーがどこまでの情報をGoogleに送信しているかわかりませんが、もし、入力フォームに入力した内容まで送信していたら、それこそ個人情報はGoogleにダダ漏れ状態になるということになります。

Googleはありとあらゆるサービスを無償で提供していて、私も色々と利用させて頂いています。Googleがなければ困ってしまうツールも正直ありますが、今回、この様にウェブ履歴の全てがGoogleに流れていると思うと、どこまで情報(データ)を溜めることができるのか想像ができないくらいすごい会社だなと思う反面、まるで人の動きや行動を全て覗いているある意味恐ろしく感じるのはきっと私だけではないと思います。

正にパソコンを使用している人の後ろにGoogleという目玉がずっと覗いているような感じです。

ちなみにウェブ履歴は履歴左サイドバーにある「アイテムを削除」をクリックすると履歴の削除を行うことができ、「一時停止」リンクをクリックすると履歴の登録を止めることができます。

怪物が覗く窓 (集英社文庫)
吉村 達也
集英社
売り上げランキング: 84412