阪神・淡路大震災「1.17の記録」

 来年の1月でもう20年経ちます。20年前に何があったかというと「阪神・淡路大震災」がありました。

 私の住んでいる浜松でも明け方にグラグラと揺れ、慌ててテレビを付けると震度をあらわす数字がどんどん広がっていくのを覚えています。

 そんな阪神・淡路大震災の写真1000枚を自由にダウンロードできる「阪神・淡路大震災『1.17の記録』」というサイトが公開されました。その詳細は以下に。

 この「阪神・淡路大震災『1.17の記録』」は震災の経験や教訓を多くの人に伝えることを目的としていて、神戸市長は「防災学習など、震災の経験や教訓の継承に活用してほしい」と言っています。

 写真のライセンスは比較的緩いライセンスである「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス」とされています。その為、二次利用も可能です。

 画像サイズはまちまちのようで、個別にダウンロードも出来ますが、一括でダウンロードも出来ます。

 震災は無いにこしたことはありませんが、なにぶん自然のことなのでいつ起きてもおかしくありません。その対策の案内などにこの画像は使えると思いますので、大いに利用したらいいと思います。このような写真を提供して頂き、撮影者や神戸市には感謝します。

阪神・淡路大震災「1.17の記録」

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。