Twitter

 最近、知人のTwitterアカウントが乗っ取られ、アカウントを削除しました。しかし、いつの間にか似アカウントが復活してスパム行為が行われていたことがありました。

 下記にその状況と考えられる原因を明記しました。

状況

 最近まったくツイートしていない知人から返信ツイートが突然届きました。しかし、内容を見てみると

@○○ @○○ @○○ ファッションレイバンのサングラス、今日限り2499円(URLNのリンク)

といったような知人とはまったく関係のないツイートでした。

 これを見て、Twitterのアカウントが乗っ取られたんじゃないかと思い、その知人に連絡。すると案の定、アカウントが乗っ取られていて、知らぬ間にフォロワーに返信していたそうです。そのアカウントは先にも書いたとおり全然使用していないのでアカウントの削除を行って、事なきを得ました。

しかし!

 その数日後に私のところへまた返信ツイートが届いたのです。それも、削除したはずの知人のアカウントからです。削除したことは私も確認したので「何でまた!」と驚き!再度、知人に連絡すると本人も驚いていました。

削除しても30日間は保持

 さて、なぜ、削除したはずの知人のTwitterアカウントは復活して、再度、返信ツイートが届いたのでしょうか?

 実はTwitterはアカウントを削除しても30日間はアカウント情報が保存され、再度ログインするとアカウントが復活する仕様になっています。その詳細はこちらに書かれています。

Twitterヘルプセンター | アカウントを削除する方法

パスワードを変更してから削除を

 ここからは予想なのですが、知人は最初にアカウントが乗っ取られたときに、そのままTwitterのアカウントを削除する処理を行ったのではないでしょうか。その為、乗っ取った側は削除後30日間以内に再度ログインし、アカウントは復活!そして、再度返信スパムを送ったと思われます。

 では、どのようにすればいいのかというと、乗っ取られたあとにアカウントを削除する場合は面倒でもパスワードを変更してからアカウントを削除しないと、上記のように再度入られて、復活する可能性があります。

最後に

 一番良いのはアカウントが乗っ取られないことなのですが、そうは言っても乗っ取られてしまっては仕方がありません。皆さんご注意を!

今すぐ使えるかんたんmini LINE&Twitter&Facebook基本&便利技

価格¥1,518

順位966,430位

リンクアップ

発行技術評論社

発売日2014/09/23

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API