Twitterは日本はもちろん、世界中の人とつぶやくことができるツールですが、その地域ならではの会話があったりしますので私の場合、どちらかというと浜松近辺の人をフォローする傾向にあります。

Twitterで浜松の人であるかどうかを判断する方法としてはTwitterのサイドバーにある「現在地」にそれらしき地域であれば判断することができます。

けど、もっと簡単にそのユーザが浜松周辺のユーザかどうかを判断する方法はないかと思ったらGoogleマップ上にTwitterユーザを表示する「TwitterMap」というWebツールがありましたので下記に紹介します。

TwitterMap

TwitterMap

TwitterMapは見てもらうとわかるとおりGoogleマップを利用したTwitterユーザを表示するWebツール。どのようにしてユーザがその場所にいるのかどうかを判断しているかというと、人間が判断する方法と同じく「現在地」を元に表示されています。

現在地には詳細な地名の他、駅名やその建物名、更には緯度経度でも判断してユーザの一を特定しているようです。表示されているユーザを見てみると多くのユーザがiPhoneを使用しているらしくそのiPhoneから出力される緯度経度でその場所がわかる様です。(iPhoneを持っていないので半分予想ですが)

ちなみに私も表示されているかチェックしてみたところ「現在地」に「Hamamatsu Shizuoka」と書いていたために浜松駅にほんの少し存在していました。せっかくなので「現在地」に町名まで書いてみましたが反映されていませんでした(^^ゞ。その内、変わるでしょう。

また、移動中にiPhoneのGPSを使用してつぶやくとその場所が表示されるようなので時々、新幹線上に表示されているユーザがいらっしゃいます。なので、そこで表示されていても確実にその場所にいるとは限りませんので、あくまでもめあすで見ておいた方がいいでしょう。

それでもなかなか面白いツールですね(^^)

TwitterMap

Twitter活用ガイド

価格¥1,540

順位2,814,273位

藤本 壱

発行河出書房新社

発売日2008/02/01

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API